劇団プロフィール

南河内万歳一座(みなみかわちばんざいいちざ)

1980年10月、大阪芸術大学(舞台芸術学科)の有志により結成。『蛇姫様』(作・唐十郎)で旗揚げ公演後、第2回公演以降は、座長・内藤裕敬のオリジナル作品を上演している。

1985年のオープンから2003年の閉館まで、扇町ミュージアムスクエアに稽古場を構え拠点とし、国内外で精力的に活動を行った。韓国公演(87年、88年)、中国公演(95年)も実施。その他、複数劇団を集めての野外合同テント公演(86年、91年、93年)やOMS閉館後、大阪城西倉庫(通称、ウルトラ・マーケット)の演劇活用の交渉を続け、09年まで劇場使用。04年、15劇団出演者総数63名の合同公演「日本三文オペラ」で関西小劇場界の底力をアピール。関西小劇場の雄と称され、その後の関西小劇場界を長きに渡り牽引して来た。

南河内万歳一座は、新しいスタイルや表現、作品の発表だけでなく、「劇団」という共通の演劇論、志を持つ集団において作品を作り続ける活動を模索している。大阪という地域の中で「劇団」が拠点を持ち、長く演劇活動を継続する事を社会的責任の一つとして捉え、地域住民の文化意識の向上、豊かな生活環境作りを行うことで、我が国の舞台芸術の発展に寄与し、社会全体の利益の増進に寄与する事を目的としている。

そんな南河内万歳一座が今年、劇団創立40周年を迎えた。すべてが東京一極集中の中、大阪の地で「劇団」にこだわって、40年に渡り活動を継続して来たことの意味を大阪府も理解して頂いたようで、今年3月令和元年度の「大阪文化祭賞」を劇団の代表作「唇に聴いている」で受賞した。その時の受賞理由に「旗揚げ以来、一貫して大阪の地から拠点を移すことなく全国にその名を知らしめ、関西小劇場界を牽引してきた同劇団の底力と、若い才能や演劇ファンを育てて来た功績を改めてたたえたい。」と記してあった。

コロナの影響で、記念の年の春公演「ラブレター」は来春へ延期となった。「ゴミと罰」は、そんな中、今年の最初の芝居となる。観客に力を与えられる芝居を演じたい。