劇団プロフィール

南河内万歳一座(みなみかわちばんざいいちざ)

1980年10月、大阪芸術大学(舞台芸術学科)の有志により結成。
『蛇姫様』(作・唐十郎)で旗揚げ公演後、第2回公演以降は、座長・内藤裕敬のオリジナル作品を上演している。

1985年、扇町ミュージアムスクエアオープン時から、同劇場2階に稽古場を構え、拠点とし、大阪、名古屋、東京の3都市公演を実施。
野外公演として特にアジアに目を向け、韓国公演(87年、88年)中国公演(95年)も実施。
その他、複数劇団を集めての野外合同テント公演(86年・91年93年)、「南河内番外一座」「FMW」「永盛丸」「万(まるばん)」「南河内万歳一座+天下の台所改善隊」等のプロデュース公演、他劇団への客演、作・演出など、活動は多岐に及んでいる。

2003年、活動拠点としていた扇町ミュージアムスクエア閉館後、大阪城西倉庫(通称、ウルトラマーケット)の演劇活用の交渉を続け、09年まで劇場として使用。
15劇団出演者総数63名の合同公演「日本三文オペラ」で関西小劇場界の底力をアピール。
関西小劇場の有と称され、関西小劇場を代表する劇団として、関西小劇場を牽引する。

南河内万歳一座は、新しいスタイルや表現、作品の発表だけでなく、「劇団」という共通の演劇論、志を持つ集団において作品を作り続ける活動を模索している。
大阪という地域の中で「劇団」が拠点を持ち、長く演劇活動を継続する事を社会的責任の一つとして捉え、地域住民の文化意識の向上、豊かな生活環境作りを行うことで、我が国の舞台芸術の発展に寄与し、社会全体の利益の増進に寄与する事を目的としている。
そんな南河内万歳一座が2020年に劇団創立40周年を迎える。
すべてが東京一極集中の中、大阪の地で「劇団」にこだわって活動してきた私たちが40年継続して来れた事の意味を再確認し、来る2020年東京オリンピックへのカウントダウンを自身へのカウントダウンと捉えて色々と新しいニュースを発信していきたい。